メインページ 事件 捏造 歴史 画像 民族 評判 リンク

事件




 韓国歴代大統領事件簿

 韓国の歴代大統領は9人中7人が亡命・失脚・死刑判決・懲役刑判決・自殺している。10人目の李明博も親族が逮捕され自身も土地不正購入疑惑で追及されている(2013/1現在)。
 下に歴代大統領のリストをまとめたが、なぜ韓国の大統領は資質に欠ける人物ばかりが就任するのだろうか。残念ながらこれは「国民性」である。

1代〜3代李承晩
(り・しょうばん)
李承晩ラインを武力で設定し国際法に違反し、竹島を不法占拠。長男の李康石は一家心中を試みた挙句、自殺。再選の為に大規模な不正選挙を強行。4・19革命で失脚し、亡命
4代尹譜善
(いん・ふぜん)
クーデターで退任を余儀なくされる。軍法会議で懲役3年の判決。
5代〜9代朴正煕
(ぼく・せいき)
長男が麻薬服用で逮捕される。狙撃事件が発生し弾がそれて夫人に命中し死亡。直後、金載圭KCIA部長によって暗殺される。
10代崔圭夏
(ぼく・せいき)
学生デモ等が収まらず、粛軍クーデターを実行。結局収まらず、光州事件発生。8ヶ月で退任。
11代〜12代全斗煥
(ぜん・とかん)
光州事件において反乱首謀罪で死刑判決。退任自ら財団を設置し院政を狙うが、利権介入などが発覚し親族が逮捕される。子息の不正貯蓄について検察から出頭を求められる。
13代盧泰愚
(ろ・たいぐ)
大統領在任中の不正蓄財(数百億にのぼる)・収賄容疑により、退任後逮捕。粛軍クーデター・光州事件の内乱罪も発覚し懲役17年の判決。
14代金泳三
(きん・えいさん)
在任中に経済危機に陥りIMFの介入を招く。次男は利権介入による斡旋収賄と脱税で逮捕
15代金大中
(きん・だいちゅう)
光州事件の首謀者として死刑判決の判決(後に無期懲役に減刑)。息子3人全員を含む親族5人が金がらみの不正事件を起こす。
16代盧武鉉
(ろ・ぶげん)
退任後、盧武鉉の側近・兄など親族が横領贈賄容疑で相次いで逮捕された。不正資金疑惑について、包括収賄罪の容疑で本人に事情聴取を行われた後、岩崖から投身自殺した。
17代李明博
(り・めいはく)
実兄の国会議員李相得とその側近が斡旋収賄などの疑いで逮捕される。また政治資金法違反では実刑判決。夫人のいとこも逮捕されている。土地不正購入疑惑でも追及中。


 韓国の歴代政権では、大統領の親族による不正が繰り返されてきた。特に11代以降の大統領=金としか思えない。自身が立件される例もあれば、隠れ蓑に親族を使うルートも常態化している。

 全斗煥政権では、全元大統領の長兄、全基煥がソウル市の鷺梁津水産市場の運営権を強引に奪取したとして逮捕された。弟の全敬煥もセマウル運動本部会長として在任中、公金70億ウォン(約4億7000万円、円換算は現在のレート、以下同じ)余りを着服した疑いで、次の盧泰愚(ノ・テウ)政権発足直後に起訴された。いとこの全淳煥、全禹煥、妻の兄弟の李昌錫も収賄、脱税、横領などの罪で逮捕された。

 盧泰愚元大統領の妻のいとこに当たる朴哲彦は、スロットマシーン業者から金品6億ウォン(約4000万円)を受け取ったとして逮捕された。

 金泳三元大統領は「親族政治」を禁止する原則を打ち出した。当選直後に親族数十人を呼び「カネを包んで接近してくるハエに注意しろ。100ウォン受け取っただけでも逮捕させる」と忠告した。しかし、金元大統領の次男、金賢哲は斗洋グループ会長などから利権に絡む便宜を図るよう要求され、30億ウォン(約2億円)余りの金品を受け取ったとして逮捕された。現職大統領の息子が逮捕されたのは初めてだった。

 金大中元大統領は、選挙戦で「大統領親族不当行為禁止法」の制定を公約に掲げ、8親等以内の血族、4親等以内の姻族を管理した。しかし、金大中元大統領の3人の息子はいずれもさまざまな不正事件に関与し、法廷に立った。
 長男の金弘一は「李溶湖ゲート」「陳承鉉ゲート」と呼ばれる不正事件で在宅起訴された。次男の金弘業は利権に便宜を図る見返りに25億ウォン(約1億7000万円)を受け取り逮捕された。 三男の金弘傑も「崔圭善ゲート」と呼ばれる事件に関与し、逮捕された。

 盧武鉉元大統領は民政首席秘書官室の下に大統領の親族を監視する特別監察班を設置したが、兄の盧建平は、農協の世宗証券買収に絡む収賄事件で、30億ウォン(約2億円)を受け取ったとして、大法院(最高裁に相当)で懲役2年6月、追徴金3億ウォン(約2000万円)の判決を受けた。また、盧前大統領の夫人、権良淑が朴淵次元泰光実業会長から大統領府(青瓦台)の官邸で600万ドル(約4億8000万円)を受け取った疑惑が浮上。盧前大統領は検察の取り調べを受けた後、2009年5月に自殺した。

 李明博大統領の実兄である国会議員の李相得前セヌリ党議員は、複数の貯蓄銀行とコーロングループから7億5750万ウォン(約5200万円)の不正資金を受け取った疑い(政治資金法違反および特定犯罪加重処罰法上のあっせん収賄)で逮捕された。検察によると、李相得は大統領選挙を控えた2007年10月、鄭斗彦セヌリ党議員の紹介で知り合った林錫(逮捕起訴済み)ソロモン貯蓄銀行会長から政治資金名目で現金3億ウォンを受け取った疑いだ。また李前議員は2007年12月中旬に、金賛慶(逮捕起訴済み)未来貯蓄銀行会長から貯蓄銀行経営関連請託とともに3億ウォンも受け取っていた。検察は林錫から受け取った金については、政治資金法違反容疑を、金賛慶から受け取った金については政治資金法違反および特定犯罪加重処罰法上のあっせん収賄違反容疑をそれぞれ適用した。

 ここに記載した内容はほんの一部にすぎないが、時代遅れの政治を行っている時点で韓国には未来は無いだろう。






メインページ |  事件 |  捏造 |  歴史 |  画像 |  民族 |  評判 |  リンク |  問い合わせ |  |